セラピスト求人特設サイト
出張マッサージセラピスト募集
出張マッサージドライバー募集
VenusSpa東京スタッフ募集
VenusSpa東京体験マンガ

LINE友達登録キャンペーン実施中! | LINE登録でヘッドマッサージ5分追加!

【東京】出張マッサージは快適な睡眠に効果的!生理中・飲酒後でもマッサージは受けられる?

出張マッサージ店を利用する上で気になるのが、生理中や飲酒後でもマッサージを受けることができるのかどうかという点です。

こちらでは、マッサージと睡眠の関係や生理中・飲酒後の施術についてご紹介いたします。お酒を飲んだあと、何時間後なら施術を受けることができるのかも解説していますので、ぜひご覧ください。

出張マッサージ店 Venus Spa東京は東京23区内のご自宅や宿泊先ホテルへセラピストがお伺いして、心からの癒しをご提供いたします。

マッサージと睡眠の関係

between massage and sleep

令和元年に行われた厚生労働省の調査によると、12歳以上の方が日常生活でストレスを感じている割合は47.9%。約半分もの方々が、日常生活でストレスを感じていることがわかっています。

なかでも30歳~49歳の女性が60.4%と多く、次いで50歳~59歳の女性、20歳~29歳の女性と、男性よりも女性の方がストレスを感じているようです。

ストレスの原因としては、人間関係や仕事、睡眠の質、性格的なものなど様々で、多く人々が日々ストレスを抱えながら社会生活を過ごしています。

ストレスを抱えすぎてしまうと、睡眠不足に陥り、心や身体的な病気を引き起こしてしまう可能性が高くなるため、定期的なケアが欠かせません。

実際に、疲れた心と身体を癒すという目的でリラクゼーションサロンなどのボディケア施設を利用する方が増えており、サロン数も増加傾向にあります。

アロマトリートメントなどのボディケアを受けることで日々の疲れを癒し、ストレスを軽減することができるのです。

東京23区内からご予約を承っているVenus Spa東京では、お客様によりリラックスして施術を受けていただけるよう、過ごしなれたご自宅や宿泊先ホテルへセラピストがお伺いして施術を提供いたします。施術後はそのままお休みいただけるため、リラックスしたまま眠りにつきたい、睡眠に関する悩みがあるという方におすすめです。東京23区内で出張マッサージ店をお探しの方は、ぜひVenus Spa東京へご予約ください。

生理中にマッサージを受けてもいい?注意点とは

What are the precautions?

生理中は気持ちの浮き沈みが激しくなったり、お肌が荒れてしまったり、腰痛やむくみが気になったりするため、少しでもリラックスするためにマッサージを受けたいとお考えの方もいらっしゃるでしょう。生理期間中はできるだけ身体を休める必要があるため、あまり施術を受けるのはおすすめできません。

しかし、生理中の体調の変化があまりない場合や、身体に負担がかからない程度の施術なら、以下の点に気をつければ問題ないといわれています。

出血量が少ない日を選ぶ

出血量は個人差がありますが、比較的出血量が多いといわれている生理2~3日目に施術を受けるのは避けましょう。マッサージを受けると一時的に出血量が増えることがあるため、貧血を起こしてしまったり、施術中に血が漏れて洋服を汚してしまったりする恐れがあります。

アロマオイルの効能に注意

アロマオイルは香りによって期待されている効果・効能が異なります。使用するアロマオイルによっては体調不良につながる恐れがあるため、なるべく避けた方がよいでしょう。

使用するオイルで肌荒れする可能性がある

店舗によってマッサージに使用するオイルが異なります。生理中はお肌が敏感になっていることもあり、使用するオイルによっては肌荒れを引き起こしてしまうこともあるでしょう。低刺激性のオイルや普段使用しているオイルを使ってもらうなどの配慮が必要です。

体調に異変を感じたらすぐにやめる

生理中はお肌だけでなく、体調も崩しやすいデリケートな時期です。マッサージによって体調に異変を感じたら、すぐに施術を中断してもらいましょう。

マッサージ前後の飲酒は危険?

適度な飲酒はリラックスにつながるため、疲れたときはお酒を飲んで寝るという方もいらっしゃるでしょう。

しかし、マッサージの前後に飲酒するのは危険です。

マッサージを受けると緊張した筋肉がほぐれて血流がよくなり、身体が温まります。

そこにお酒が加わると、より血流がよくなって一気に酔いがまわってしまうのです。

どちらか片方だけであればマイナスに作用してしまうことはありませんが、両方を立て続けに行うとアルコールが身体を巡るスピードが早くなり、急性アルコール中毒や脱水症状を引き起こしてしまう可能性も高くなります。

飲酒前後はマッサージを受けない、マッサージを受けるなら飲酒は控えるなど、マッサージと飲酒を組み合わせてしまわないように注意しましょう。

マッサージでリラックスしたあとは、お水や白湯、ハーブティーなどを飲んでゆったりと過ごすのがおすすめです。

お酒を飲んだらマッサージは何時間後ならOK?

マッサージとお酒の組み合わせは危険ということはわかっていても、数時間空ければ大丈夫なのでは?と考える方もいらっしゃるでしょう。

一度お酒を飲んでしまった場合は、何時間後ならマッサージを受けてもいいのでしょうか?

飲酒量やアルコール度数にもよりますが、お酒を飲んだあとにマッサージを受ける場合は、最適でも4時間は空けるのがおすすめです。

厚生労働省の発表によると、摂取したアルコールは1~2時間で体内に吸収され、分解が始まります。分解スピードは人によって異なりますが、男性平均が1時間で9g、女性平均が1時間で6.5gです。

そのため、アルコール度数7%の缶酎ハイを1本飲んだ場合、分解するまでに約4時間もかかる計算になるのです。

アルコールが分解されていないうちにマッサージを受けると危険なため、ご自身で飲酒量を確認して何時間後であればマッサージを受けることができるのか、しっかりと計算することが大切です。

東京で出張マッサージを受けるならVenus Spa東京へ

出張マッサージを利用する際は、自分の体調をしっかりと確認しておきましょう。特に生理中・飲酒後は体調を崩しやすいため、注意事項を確認した上で施術を受けることが大切です。

出張マッサージ店 Venus Spa東京は、確かな技術を習得したプロのセラピストが、東京23区内にあるお客様のご自宅や宿泊先ホテルへお伺いして施術を提供いたします。18時~翌朝6時まで営業しているため、お仕事で帰りが遅い方はもちろん、旅行や出張で東京を訪れている方も気兼ねなくご利用いただけます。出張マッサージのご予約は、電話予約の場合は15時~翌朝4時、WEB予約の場合は24時間受付可能です。

東京23区内のご自宅や宿泊先ホテルへの出張マッサージならVenus Spa東京

店名 Venus Spa 東京
住所 〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目12−4 新宿Nタウンプラザ309号
事業内容 出張リラクゼーションサロンの運営
電話番号 03-4405-9605
メールアドレス info@venusspa.jp
URL https://venusspa.jp/
営業時間
18:00~6:00
※18時オープンですが、受付時間は15:00~4:00の間です。
概要 東京都内にて健全な出張マッサージを行っております。東京では最大規模の出張マッサージの店舗となっており、渋谷区や新宿区、港区などの都心をはじめ、23区内のシティホテルやビジネスホテル、ご自宅に出張致します。厳選された日本人女性のセラピストが心からの癒しをご提供します。


出張マッサージ【VenusSpa東京】のトップへ戻る